毎週木曜日22時からインスタライブにて旅情報配信中

【ハンガリー】ブダペスト観光するならマーチャーシュ教会は外せない!おすすめの理由

【ハンガリー】ブダペスト観光するならマーチャーシュ教会は外せない!おすすめの理由

 

みなさんこんにちは、イギリス留学生ノマドのたつきです。

ブダペストの旅行情報を調べた方はお気づきかもしれませんが、ブダペストの観光地は非常に多く、それぞれの観光地の距離が微妙に遠い!

僕もブダペストにある観光地を全て回りましたが、1週間以上はかかりました、、、

もしみなさんが1,2日しか滞在日数がないのであれば、ブダペストの「マーチャーシュ教会」に行くべきです!中に入るのが唯一有料な教会ですが、その価値は充分にあります。

そこで今回は、マーチャーシュ教会のおすすめポイントをいくつか紹介します。

マーチャーシュ教会ってどんなところ?

マーチャーシュ教会はブダ区の丘の頂上に位置し、1015年に初代ハンガリー国王のために建設されそう。

対岸からでも見えてしまうほどの存在感!さすがハンガリーで一番豪華と言われていて、ヨーロッパで一番ユニークな教会と名高いだけありますね。

ここは、歴代のエリザベート王妃やハンガリー国王が載冠式(即位式の王位版)を行うための場所だったそう。結婚式場でもあったそうで、内装の豪華さにも納得。

1000年建国記念日にゴシック様式のデザインから今の「ネオゴシック様式」というデザインに変更され、昔の良さと現代のアート的な一面を見せる観光地なのです。

また定期的に教会内でクラシックのコンサートもしていて、値段も13€前後とそこまで高くないので、もし興味ある方がいましたらリンクよりチェック!

マーチャーシュ教会をおすすめする理由

外観が珍しいネオゴシック様式で非常に綺麗!

白塗りの外観に、オレンジ色を貴重にしたモザイク柄の屋根が特徴的。オリエンタリズムというアジアの文化にインスパイアされて作られているため、どことなく親近感も!?

しかもマーガレット橋の方からマーチャーシュ教会に向かうと、静かな街の中に突如現れた美しい建物!?といった感じで

初めて見た時は、おーーー!とつい日本語が漏れてしまいました笑

正面は少し華奢な印象を受けましたが、裏に行くと全く違う表情!急に勇敢さを感じる堂々とした姿が現れてきて、またびっくり、、、!

内部はまるでRPGに出てきそうな内装

まるでRPGの世界に迷い込んだかと思うぐらいの豪華な作りの内装。

豪華な赤絨毯と黄色をベースにした教会内のコントラストが本当に美しいです!

扉を開けた瞬間から、思わずポカーン口を開けて眺めてしまいました、、笑

正面の祭壇には聖マリアがまつられているおり、サイドにはパイプオルガンも発見してめっちゃ興奮!

タイルの模様もかっこいい!こういう柄ってついつい見てしまう、、、!

装飾もかなり繊細で、先端とか握ったら折れそうなぐらい細かった笑

窓も含め全てが円を貴重にしたデザインで作られていて、ヨーロッパではこういうのが流行ってたのかな?円は何かの象徴なのかな?など思いながら見ると面白いですね!

しかもマーチャーシュ教会の中は意外とこじんまりしていて、観光に要する時間は大体20分前後。サクッと観光できるのもおすすめポイントです。

休憩をするためだけに入っただけでしたが、思わず見とれてしまい20分はただ座って眺めていただけでした、、、笑

夜景はもはや別物

夜になるとマーチャーシュ教会全体がライトアップされて、白塗りの外壁が映えてロマチックな雰囲気を演出してくれます。

他の観光客の方はこの時間に、隣の観光地である「漁夫の砦」の方に集まりブダペストの夜景を楽しんでいますので、空いてる状態で写真も撮れるのです、、、!

気温マイナスの中見に行った甲斐があった!と言えるほどの美しさ。

震える手を押させながら、撮影したのは今でも思い出です笑

 

ハンガリーの冬は日が非常に短く、4時ぐらいに向かえば夜景も見れてすぐ近くのレストランでディナーもでき、早めにホテルに戻ることができます。

 

他の観光地にアクセスがいい

ブダ城
ブダ城

マーチャーシュ教会の周りには、「漁夫の砦」「ブダ城」「聖イシュトバーンの騎士像」「Holy Trinity Statue」「ブダタワー」が徒歩5分圏内に全てあり、少し歩けば「リバティースタチュー」もあるので観光しやすいです。

マーチャーシュ教会の入場料金

大人1800フォリント(約650円)学生1200フォリント(約430円)※2020年1月時点とそこまで高くないです。

マーチャーシュ教会へのアクセス

ペスト区の主要トラム駅「Deák Ferenc tér M」から16番のトラムに乗り、「Szentháromság tér」という駅で下車し、そこから徒歩すぐです。

徒歩で行くこともできますが、ドナウ川を渡ってブダ区の坂を登るのは短い距離の登山といった印象。しかしマーチャーシュ教会に向かう途中も景色が綺麗で、夜にはドナウの真珠を眺めながら向かうことができます、、、!

特に漁夫の砦を通るルートをおすすめです。

体力に自信がある方は、ぜひ徒歩を試してみてください。